宅建業免許申請アシスト神戸

兵庫県・大阪府で宅建業免許申請は専門の行政書士へお任せ下さい!【みなさまの不動産業開業をトータルサポート】

参考情報一覧

宅建業免許取得の流れ

更新日:

会社設立から始める場合

新たに会社を設立して宅建業免許を取得し、不動産業を開始する場合の流れは以下の通りとなります。

1.会社設立登記

宅建業免許申請においては、人・場所・財産等につき要件が定まっているため、まず要件をクリアしているかを事前に確認した上で、会社設立手続きを進めていくこととなります。
会社で宅建業免許申請を行う場合、最初の手続きとして、株式会社または合同会社の設立手続きを行います。
会社設立の準備開始から設立手続きの完了まで約2週間~3週間程度必要となります。
登記手続きが完了次第、会社の登記事項証明書・印鑑証明書の取得や銀行口座の開設が可能です。
宅建業免許申請を行う場合は、設立会社の定款・登記事項証明書が必要となるため、この会社設立手続きを行うこととなります。

2.宅建業免許申請

宅建業免許申請に必要な書類の作成・収集を行い、主たる営業所を管轄する窓口へ免許申請を行います。
宅建業免許申請後における標準審査期間は、知事免許においては「40日」、大臣免許においては「100日」となります。
複数の書類が必要となっているため、会社設立の手続きと並行して、準備を進ておくとスムーズに免許申請が行えます。

3.保証協会の加入または営業保証金の供託

最後に保証協会(ハトまたはウサギのマーク)の加入または営業保証金の供託手続きが必要となります。
保証協会へ加入することで営業保証金を軽減することが可能であるため、多くの事業者は保証協会への加入を行っています。

 

上記の全ての手続きが完了後、不動産業を開始することができます。スムーズに営業を開始するためは、全体のスケジュール・手続きを把握した上で迅速に手続きを進めていくことが必要となります。

本業のご準備と並行して、煩雑な手続きをご自身で進めていくのは時間・手間の面で負担が大きいと感じられる方も少なくありません。
このような場合に、専門家である行政書士は手続きのサポートが可能となっておりますので、ぜひご利用下さい。

-参考情報一覧

Copyright© 宅建業免許申請アシスト神戸 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.